日時:平成28年9月15日・16日

午後6時30分開演

場所:安乗人形芝居舞台 (安乗神社境内)

九月十五日(木曜日)午後六時三十分開演

 

勧進帳(人形劇)

安乗小学校四年、五年、六年

 

一、鎌倉三代記  三浦之助母別れの段

一、傾城阿波の鳴門  巡礼歌の段

一、生写朝顔話  大井川の段

 

※各幕間に舞踊、幕終了後カラオケがあります。

九月十六日(金曜日)午後六時三十分開演

 

一、日高川入相花王  渡し場の段

一、壺坂観音霊験記  沢市山の段

一、御所桜堀川夜討  弁慶上使の段

 

※各幕間に舞踊があります。

 

大入叶 千秋楽

●当日は演目、遣い手に変更がある場合があります。



※九月十五日(木曜日)                    安乗崎灯台   夜間一般無料公開               午後五時三十分 ~ 午後七時三十分             (鳥羽海上保安部)

■主催  安乗神社・安乗人形芝居保存会

■後援  志摩市・志摩市教育委員会・安乗自治会・志摩市観光協会

                 志摩市商工会・公益財団法人岡田文化財団

                               

                                                         安乗人形芝居の歴史

  『安乗の人形芝居』は安乗神社の祭礼に奉納する神賑の人形芝居として受け継がれてきた民族伝承芸能で、昭和五十五年に国の重要無形民俗文化財に指定された。

  人形芝居の発祥については、言い伝えとして、文禄元年(一五九二年)豊臣秀吉が海外出兵した際、志摩の国の領主九鬼嘉隆が軍船団の将として鳥羽港を出て安乗の沖にさしかかると、急に逆風が吹いて軍船が進まなくなり、この時、嘉隆は安乗神社に航海安全と武運長久を祈願しました。その時に上陸した所が舟付け、神社にお参りするのに身を清めた所が大垢離です。現在でも地名が残っています。

安乗神社に祈願した嘉隆は順風が吹き出し無事目的地に着き、合戦で武功を立て、その帰路安乗神社にお礼参りをしました。その時に村民が手踊や種々の芸能で大歓迎をしました。この時に九鬼嘉隆から許された芸能が幾多の変遷を経て現在の安乗人形芝居として伝承されています。

  大正末期の不況と昭和初期の戦争により一時中断していましたが、昭和二十六年に村民の願望であった復興を達成しました。

今後共、保存会員一同益々精進致しますので、皆々様の温かい御支援御指導の程切にお願い申し上げます。